ヴィセント ヴィラリン:Vicente Villarin


Warning: file_get_contents(https://gdata.youtube.com/feeds/api/videos?orderby=relevance&start-index=1&max-results=20&v=2&alt=json&q=%22%22vicente%20villarin%22%22): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 410 Gone in /home/psize/www/psizenet/wp-content/plugins/wp-psize/psize-youtube.php on line 73

ヴィセントヴィラリンは、アメリカ・南カリフォルニア出身の女性ファッションデザイナーであるジョアンヌ・コルデロ・レイエスにより手掛けられるレディースファッションブランドです。

1981年に生まれたジョアンヌは6歳の頃からアニメのスケッチをはじめ、9歳の頃には刺繍を覚えて自身の服に刺繍を施すなど幼い頃から美術に親しんできました。

成長した彼女はシアトルにあるワシントン大学へと進学しますが、授業の後で服をデザインする自分に気付き、2000年にニューヨークのパーソンズ美術大学へと進学しました。

パーソンズ美術大学進学後は、ヴィヴィアンタムジルスチュアートハウスオブディールマギーノリスクチュールなどでインターンとして働き、経験を積みました。

2002年には大学に籍を置きつつもパリへと留学、ジィヘイでフリーランスのデザイナーとして2003年秋シーズンのオートクチュールコレクションに携わりました。

このような経験を経て手掛けたパーソンズ美術大学での卒業コレクションではトップ10デザイナーに選ばれ、次世代のファッションデザイナーとして注目を集めるようになります。

卒業後はフリーランスのデザイナーとしてリームアクラの2005年春シーズンのイブニングドレスコレクション制作に参加、同時にJメンデルでもイブニングウェア及び高級プレタポルテ部門のデザインに携わりました。2006年の終わりにはロサンゼルスへと移り、モニクリュイエの2007年秋シーズン向けプレタポルテコレクションと2008年春シーズンのブライダルコレクションを手伝っています。

こうした経験を経てジョアンヌは自身のブランドの設立を決意、ミュージシャンであった母方の祖父の名前から自身のブランドをヴィセントヴィラリンと名付けました。

洗練されつつも尖った雰囲気があり、クラシックでありながらもモダンさのあるヴィセントヴィラリンのコレクションは、時代を超えた普遍性を持ったデザインで多くのファンを生み出しました。

ヴィセントヴィラリンの顧客にはセレブも多く、サラ・ミシェル・ゲラーフリーダ・ピントクリスティーナ・リッチエミー・ロッサムジョアンナ・ガルシアなどにより身に着けられています。

Vicente Villarin Sz 4 S Blouse Top Silk Chiffon Pleated Front Cap Sleeve
Vicente Villarin Black Dress. Size 12 Excellent

ヴィセント ヴィラリンの情報についての注意事項
こちらのページでは、ヴィセント ヴィラリンの解説、アイテム、商品情報やオークション情報など、多数の情報を提供しています。また、関連するニュースやブログに記載された情報についてもブックマークやトラックバックにより随時フォローしております。尚、本サイトの各ページについては一部自動による処理が為されています。記載内容に誤りがあるまたは著作権上の問題等がある場合には、速やかに対応いたしますのでリンクページにあるフォームより随時ご連絡ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。